「きんつば」をはじめとする、こだわりの銘菓のお店「味路庵(あじろあん)」
味路庵会社概要お問い合わせ商品ご購入についてサイトマップ
トップ 味路庵のものづくり 銘菓一覧 店舗のご案内 お菓子の製造風景


私たちの作るこだわりの逸品を是非!
味路庵の「きんつば」は、小豆粒がつやつやと輝いている。皮まで軟らかく、香りと程良い粘りが自慢です。
 豆をつぶさず、軟らかく炊き上げる為に小豆は煮る前に水に浸す。水の冷たい冬は長めに、夏は短めに。また、新豆は短めにするなど、様々な条件を加味して微調整します。


餡の仕込み作業中です。その日の気温や湿度で火加減や材料を微妙に調整しています。この仕込み作業はより良い製品の為に経験のある限られた職人でないと作れません。

きんつば餡が出来上がったところです。使う餡は作る分だけ炊き上げ、必要以上に作り保存することはしません。早朝から作り始め、じっくりと炊き上げてきます。

蒸し上がったきんつば餡を素早くコテでならして空気を抜いています。空気を抜くことでしっとりとした食感をだすことができます。


きんつばといえば、白い衣です。
温度管理された銅板で1面づつ丁寧に焼き上げてることで美しく仕上がります。ここは腕の見せ所です。


片面を数分焼いた後、再度衣をつけ、焼き上げます。焼き加減、焼き色は時期等によっても変化しますので、常にきれいな焼き色のきんつばを作り続けるには熟練された腕と職人の勘が求められます。

その後、焼き上がった「きんつば」の耳(皮のはみ出した部分)を一つづつ切り落としています。美しく仕上げる為には手間を惜しみません。

こちらでは、「福富」の皮を一つ一つ焼き上げております。
手作りだから、ムラがなくふんわりとした自慢の皮を作ることが出来ます。

出来上がった「福富」の皮に慣れた手つきで小倉餡とうぐいす餡を手作業にて、包みこんでいます。

出来たての「福富」です。包装作業の前に、大きさや皮に破れがないかなどの品質チェックを行います。

包装作業も手作業にて行っております。真心こめた味わいを一つ一つ包み込みます。

梱包作業は、私たちのお菓子を皆様のもとへ美味しくお届けするたの大事な作業です。お菓子を傷つけないよう細心の注意を払います。

徹底した掃除と衛生管理で、毎日使用している銅板も大変綺麗です。当社は5Sの徹底はもちろんの事、2重3重の衛生管理を独自で行っております。

株式会社 味路庵(あじろあん)
〒929-0126 石川県能美市山口町12街区17番地
TEL. 0761-48-6262
交通案内

サイトに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。Copyright (C) 2009 Aziroan Co., Ltd. All rights reserved.